住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築条件付土地(宅地)の売買の流れと注意点

建築条件付土地の売買契約と建築工事請負契約までの期間をチェック

 建築工事請負契約とは、建物の建築事項を発注する契約の事で、建築会社から見れば請負工事です。建物のプラン、請負金額、完成時期、引き渡し時期などを定めて契約します。

 建築条件付土地を購入する場合のたいへん重要な注意点の1つとして、土地の売買契約と建築工事請負契約の時期があげられます。建築条件付土地を購入した時のトラブルの多くが、この点に関係することがあるのでよく理解してきましょう。

 この取引では、土地を購入する時点では建物のプラン(設計)が決まっていません。土地の売買契約を行ってから、購入者と建築会社の間で建物プランについて何度も打合せを重ねていき、最終的にプランを確定させます。

 本来ならば建物の請負金額は、その建物プランの内容によって異なるものです。ですから、土地の売買契約の時点では建物の請負金額も確定しておりません。

 請負金額も決まっていない、建物のプランも決まっていないという段階では、当然ながら建物の請負契約を結ぶことはできません。本来ならば、、、

 しかし、実際には建築条件付土地の売買契約をするときに、同時に建物の請負契約をするように求められることがあるので、この点には注意が必要です。建物のプランを決めて請負契約を結ぶまでには、ある程度の期間が必要であるため、同時に契約せず期間を設けるようにしてください。

 その妥当な期間としては3ヶ月が良いでしょう。これは一般的な期間であり、必ずしもこの通りにしなければならないわけではないですが、建築条件付土地の購入者が求める機関としてはおかしな主張ではありません。

 建築条件付土地の売買契約をしてから建築工事請負契約をするまでの期間の目安は3ヶ月だと考えておきましょう。このことを購入検討段階で売主または不動産仲介業者に確認しておくと良いでしょう。そして、このことは土地の売買契約書のなかに明記しておくべきことですので、契約時に記載内容をチェックしておきましょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事