住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築住宅・リフォーム工事の見積りの基礎と注意点

住宅の新築とリフォーム工事の見積りの裏事情(利益の計上)

 住宅の新築工事やリフォーム工事の見積り内容を理解し、不審点がないかチェックするためには、チェックポイントを把握するだけではなく、ハウスメーカーやリフォーム業者の事情や業界の一般的な常識について理解しておくと大変便利です。

新築・リフォームの見積書に見る利益の計上

 見積書を見るときだけではなく、営業担当者などと交渉するときなどにも、見積りに関する予備知識として役立つことがありますから、このページを読んでおくとよいでしょう。まずは、見積書のどこかにあるはずの利益についてです。

利益は単価・諸経費に上乗せする

 ハウスメーカーやリフォーム業者、建築会社から提示される見積書の金額には、当然のことながら会社の利益も含まれています。材料費、人件費(事務系も含む)、販売経費、実際にかかる諸費用、そして利益が見積書の総額には含まれているわけです。

 しかし、会社の得る利益を利益という項目で表示することはまずありません。それを表示してしまっては、そこが値引きの対象とばかりに施主から交渉されるのは当然ですね。

 それでは、会社の得る利益は見積書のどこに反映されているのでしょうか?

 見積書の書き方には、会社や担当者による癖があることを何度がお伝えしておりますが、利益をどこに含めているかも会社等によって異なります。一般的には、各項目や諸経費に満遍なく上乗せするパターンです。

各工事・商品に利益を上乗せする方法

 最も多いのが、各工事項目や商品代のほぼ全てに利益を上乗せして表示する方法です。下の見積書で説明しましょう。

見積書内の利益

 上記の見積書は、キッチン・トイレなどの住宅用設備の商品代及び工事費が一緒に掲載されているページです。各項目に単価と金額が記載されておりますが、この金額に少しずつ利益を載せています。

 見積書によっては、商品の代金とその施工費が別の項目になっていることもありますが、その場合は商品代金と施工費のそれぞれに利益を乗せて表示することが多いです(なかにはいずれか一方にのみ上乗せして表示する業者もあります)。

 ちなみに、こういった方法で利益が計上されているという事実を解説しているのであれば、これがいけないという話ではありませんので誤解しないでください。

諸経費に利益を上乗せする方法

 もう1つが、見積書の最初か最後に記載されていることの多い諸経費の欄に利益を上乗せして表示するケースです。

諸経費に含まれる利益

 諸経費を少額にして、ここには利益をほとんど乗せない業者も少なくありません。工事や商品代金とは別に諸経費の金額が大きくなると交渉対象として狙われやすいという考えもあるからです。あらかじめ、ここからある程度の値引きに応じようと考えているケースもあるので、一概には判断できないところです。

 そして、各工事や商品代金に利益を乗せつつ、諸経費にも乗せているということもよくあります。全体的に満遍なく乗せるわけですね。

 見積書に関する業界の事情シリーズですが、次回は「住宅の新築とリフォーム工事の見積りの裏事情(仕入れ価格)」です。ハウスメーカー等が商品や材料をどれぐらいの価格で仕入れているのか気になる人も多いのではないでしょうか。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事