住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築住宅・リフォーム工事の見積りの基礎と注意点

住宅の新築とリフォーム工事の見積りの裏事情(仕入れ価格)

 見積書から見える建築業界の裏事情を知ることができれば、住宅の新築やリフォームも少しはわかりやすいものになるでしょう。今回は、建築会社等が設備や商品などをメーカーから仕入れるときの仕入れ価格に関するお話です。

新築・リフォームの見積書(仕入れ価格)

建築会社・リフォーム会社のメーカーからの仕入れの裏事情

 新築であってもリフォームであっても、建築会社やリフォーム業者などは、使用する材料や商品を各メーカーから仕入れるわけです。ボードや金物、クロス(壁紙)もそうですし、キッチンやユニットバス、トイレなどの設備機器もそうです。

 建築会社やリフォーム業者が各商品をメーカーから仕入れる価格に興味のある人も多いでしょう。ここでは、仕入れの事情などについて説明します。

建築会社・リフォーム会社のメーカーからの仕入れ価格は安い

 各商品等のメーカーは、オープン価格として一般に商品価格を表示していないものもありますが、多くのものはカタログやインターネットで定価を表示しているため、誰でも簡単に定価を確認することができます。

 見積書によっては、以下の事例のように定価も記載していることがあります。

見積書に記載される定価

 その定価と建築会社から提示された見積書の価格を比べるとわかりますが、見積書の表示価格の方が安いことが多いでしょう。見積書の金額にはその業者の利益も乗せられていることが一般的ですが、それでも定価よりも安いのです。

 それだけメーカーからの仕入れ値は定価より安いということです(定価が高すぎるとも言えますが)。

 メーカーや商品などによって異なりますが、実際の仕入れ値は定価の40〜70%程度ということが多いです。業界人はよく「5掛け」とか「7掛け」などと会話しています。

一般個人が安くメーカーから仕入れることは困難

 それならば、施主が自らメーカーから仕入れて現物を建築会社へ提供した方が安くなるのではないかと考えて、各商品のメーカーから購入しようとする人もいますが、現実的には難しいでしょう。メーカーは一般個人客に対しての販売をあまり積極的には行いませんので、問い合わせても定価でしか回答を得られないことが多いです。

 建築会社がいくらで仕入れているか確認しようとしても、もちろん回答を得ることはできません。よって、どれぐらいの利益が乗せられているか知ることも難しいものです。

 ショールームに行けば、メーカーから丁寧な商品説明を聞くことはできますが、直接仕入れるというのは難しく、卸値を知ることも無理なのです。

 そんなことが簡単にできてしまっては、建築会社が商売をしづらくなりますし、建築会社からメーカーに対して不満が募ることでしょう。メーカーの立場としては、一般消費者よりも建築会社の反応が気になります。消費者は何度も何度も新築やリフォームしませんが、建築会社は大事な継続的な顧客だからです。

 メーカーからは、定価の見積りを受け取ることになりますが、その際に「実際の価格は建築会社さんに確認してください」と口添えがあるでしょう。

同じメーカーの商品を進める建築会社の事情

 建築会社などがメーカーを仕入れる価格は、前述の通り定価よりも非常に安い価格です。そして、その仕入れ価格は会社によって異なるものですから、少し話は複雑になります。

 メーカーとしては、より多くの商品を買ってくれる建築会社を優遇する傾向にあるのは、想像できますね。大量仕入れが有利であるのはどこの世界でも同じです。それだけに、建築会社が施主に対して同じメーカーの商品を勧めることはよくあることです。

 トイレもユニットバスもキッチンも全て同じメーカーのものを勧めたり、建具やタイルなどの仕上げ材まで同じメーカーのものを勧めたりすることがあります。1軒の住宅に使用される商品の多くが同じメーカーのものということは、大手メーカーのものを使用すればできることです。

 同じメーカーの商品を勧める理由が仕入れ価格の安さにあると述べましたが、この安くなった分を施主に還元して工事費を安くするのであればよいのですが、単純に建築会社の利益としてしまうこともありますから、それでは施主は何もメリットがありません。

 同じメーカーの商品を勧められたときには、どれぐらいの価格的なメリットがあるのかズバリ確認するとよいでしょう。

 建築会社によっては、特定のメーカーの特約店になっている場合もあり、その場合はそのメーカーの商品の仕入れ値が安く、施主にも還元されている可能性はあります。ただ、いろいろなメーカーの商品を自由に選ぶ楽しさを損なうのはデメリットにもなりますね。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事