住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅診断・住宅検査・ホームインスペクション

今日の1枚(住宅検査・住宅診断より)

羽子板ボルトの取り付け、浮き:木造住宅の住宅検査(住宅診断)より
羽子板ボルトの取り付け不良

中古住宅のホームインスペクション(住宅診断)で見つかった羽子板ボルト施工不良です。

羽子板ボルトとは、梁と胴差などを緊結するための接合金物で、まさに羽子板のような形状をしています。木造軸組工法の住宅でよく見られる大事な金物です。

この羽子板ボルトは耐震性に関わる大事なものですが、上記の写真では羽子板ボルトがしっかり締められていませんね。これでは、大きな地震がきたときに心配されます。

中古住宅なのですが、おそらく新築時の施工に問題があったものと思われます。

羽子板ボルトの緩み

上記の写真も羽子板ボルトです。こちらは、一見したところ問題ないように見えますが、実は緩みがありました。この1ヶ所だけではなく、同様の箇所が同じ住宅で多くみられましたので、こちらも耐震性が心配される状況です。

ただし、今回のホームインスペクション(住宅診断)でこの問題が明らかになったため、買主が購入後、すぐに他の羽子板ボルトの緩みもチェックしたうえで、締め直しすれば問題ありません。

こちらの事例は、長い月日を経る間に羽子板ボルトに緩みが生じてきたものと思われます。

今回の2つの事例では、同じ中古住宅でありながらも前者は新築時の施工不良が疑われ、後者は経年によるものだと考えられます。それぞれ、問題点さえわかれば対処方法もあるわけですが、知らずに放置していると怖いですね。羽子板ボルトは、屋根裏で確認できます。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事