住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅診断(ホームインスペクション)の素朴な疑問

家を買ってから住宅診断(ホームインスペクション)をしても手遅れか?

●質問内容
 いろいろ悩んであげく、家を買って住み始めました。その後、友人から「家を買うときには住宅診断(ホームインスペクション)というものがあり、専門家に調査してもらってから契約した」と聞きました。建物の施工状態や不具合、劣化状態のことなどはあまり考えずにいたのですが、心配になってきました。

 専門家による住宅診断(ホームインスペクション)は家を買った後に依頼しても手遅れでしょうか?買ってから依頼する人もいるのでしょうか?

家を買ってから住宅診断してもよいか

●回答内容
 マイホームを購入する時点では、住宅診断(ホームインスペクション)というサービスの存在を知らず、購入後に知ってから同様のご質問、ご相談をお受けすることもあります。「住宅購入時の住宅診断(ホームインスペクション)の利用のタイミングは?」でもお伝えしている通り、住宅診断(ホームインスペクション)を利用されるのであれば、住宅の購入前(契約前)に調査することをお奨めしております。

 しかしながら、契約前の時点ではこのようなサービスを知らなかったり、知っていたけれども契約前の時間が無く利用できなかったりする方は少なくありません。

 契約後に知った方であれば、契約と引渡しの間の期間に住宅診断(ホームインスペクション)を利用することができます。また、引渡しと入居の間の期間にも利用することができますし、入居後に利用することもできます。

 優先順位は、

  1. 契約前(購入前)
  2. 引渡し前
  3. 入居前
  4. 入居後

と考えるのが一般的だと言えます。

 こうなりますとご相談者さんのケースでは、最後の「入居後」に該当致しますが、決して手遅れと決めるつける必要はありません。

 住宅診断(ホームインスペクション)とは、建物の状態(新築なら施工品質、中古なら劣化状態など)を把握しそれを何かに活かすために利用するものです。何かとは、購入判断のためやリフォームのため、維持・メンテナンスのため、さらには売主への瑕疵担保責任を求めるためなどです。

 利用の目的はその人によって異なりますが、それぞれのタイミングに応じて利用目的もかわります。買った後の入居後であっても、建物を長持ちさせるために維持・メンテナンスという視点において住宅診断(ホームインスペクション)は有効なものだと言えます。

 また、瑕疵担保責任の期間内で、その対象となる不具合があれば、売主に対して補修等を求められることもあります。

 大事な建物のことですから、購入時に第三者の専門家に住宅診断(ホームインスペクション)してもらっていないのであれば、入居後であっても利用を検討する価値はあると言えます。ちなみに、入居後に利用される方もたくさんいます。

○専門家に依頼するなら
住宅の点検・建物調査(居住中の方)




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事