住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅診断・住宅検査・ホームインスペクション

新築一戸建て住宅の住宅診断(ホームインスペクション)の内容

 新築一戸建て購入前の住宅診断(ホームインスペクション)の内容は、以下の2点が主なポイントとなります。

 ・設計図書のチェック
 ・住宅診断(ホームインスペクション)(現場での調査)

○設計図書のチェック
その新築一戸建て住宅を建築する際に、作成される図面の全てをまとめて設計図書と呼びます。これがないと住宅を建築できません。専門家に住宅診断(ホームインスペクション)を依頼した場合、一般的には、最初にこの設計図書を確認します。設計図書から、その新築一戸建て住宅の全体像を把握し、図面上で問題となる点がないかチェックしていきます。

 では、設計図書等にはどのような図面や資料が含まれるのでしょうか?以下が設計図書を構成する各図面等の名勝です。

建物概要・設備概要
仕様書・内部仕上げ表
地積測量図
敷地配置図
各階平面図
立面図
断面図
矩計図
平面詳細図
基礎伏図
各階床伏図
小屋伏図
軸組図
電気設備図
給排水設備図
金物配置図
建具リスト
壁量計算書または構造計算書
地盤調査報告書
確認申請書(1〜5面)
中間検査合格証
検査済証

 ※建物の工法によって図面が異なることもあります。
 ※地域によって中間検査合格証がないこともあります。

 上記の一覧だけでも、多くの種類があることがわかるかと思います。但し、これらの図面は必ず、作成されているとは限りません。始めから作成されていない図面も多くある為、要求してももらえないことがあります。これらの図面をもとに現場で建物を建築していくわけですから、詳細な図面まである方が良いでしょう。契約する前にどのような図面があるのか確認しておくことも大事です。

 多くの住宅診断(ホームインスペクション)をしてきましたが、建売住宅(分譲住宅)よりも注文住宅の方が詳細な図面を揃えていることが多いです。これは、建売住宅(分譲住宅)の場合、分譲会社がいつもと同じ工務店へ発注することが多い為、詳細な図面を作成せずに「いつも通りで」という感覚であることが多いからだと思われます。また、図面作成そのものにコストがかかるため、コスト削減も要因になっていそうです。

 図面がない場合は、図面にない箇所の建築工事は工務店次第です。いくら技術力が高くても、いくら真面目な会社であっても、図面がないことが施工精度の面でマイナスに作用することがあります。そして、この図面とは、本来であれば契約内容を表すものでもあります。図面がないということは、契約した通りに建築しているかどうかを確認することも困難になってしまうリスクがあるのです。

○住宅診断(ホームインスペクション)(現場での調査)
 次に、現場での住宅診断(ホームインスペクション)です。住宅診断(ホームインスペクション)の基本は、やはり現場での調査となりますが、以下の2つの視点にわけることができます。

 ・設計図書通り(契約通り)に建築しているか
 ・施工精度に問題ないか

 1つ目の「設計図書通り(契約通り)に建築しているか」を確認する為にも、設計図書が多く作成されていることが必要となります。そして、2つ目の「施工精度に問題ないか」の点ですが、これは住宅診断(ホームインスペクション)の実施時期(タイミング)や実施回数によって、住宅診断(ホームインスペクション)そのものの精度が変わってきます。適切なタイミングで適切な調査を実施することが大事です。

 住宅診断(ホームインスペクション)の実施回数(検査回数)ですが、既に新築一戸建て住宅が完成(竣工)している場合は、1度の住宅診断(ホームインスペクション)となります。建築前の場合であれば、建築工程の途中で何度も住宅診断(ホームインスペクション)を実施することができます。もちろん、数多く住宅診断(ホームインスペクション)を実施する方が、より安心できますからお奨めとなります。

 また、建築中の新築一戸建て住宅の住宅診断(ホームインスペクション)を依頼される方も多くいます。これは、いざ建築が始まってから不安になる方が多いからでしょう。実際に、建築現場の様子が雑に感じられると不安になるものです。建築中からでも住宅診断(ホームインスペクション)を行うことはありますが、既に目視できない箇所については専門家であっても判断することはできません。ですから、できるだけ早く依頼する方が良いでしょう。

 完成後に住宅診断(ホームインスペクション)を依頼される方は、かなり多いものです。建売住宅(分譲住宅)であれば既に完成しているので、どうしても完成後の住宅診断(ホームインスペクション)となります。

 この場合は、できる範囲で住宅診断(ホームインスペクション)を行うことになります。点検口の有無や位置等の条件によって、住宅診断(ホームインスペクション)で確認できる範囲が異なることを理解しておきましょう。

 完成済みの新築一戸建てを購入する場合は契約の前に、未完成の新築一戸建てを購入する場合は契約前のできるだけ早い段階で、中立的な第三者に住宅診断(ホームインスペクション)を依頼すると良いでしょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事