住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築住宅の施工監理(建築中の検査)の実態と第三者監理

新築住宅の建築中の現場管理

 施工監理・検査が行われていないことの問題点をあげましたが、では誰がその住宅の品質・施工の問題点をチェックしているのでしょうか。一部の建築会社では、その役割が現場監督に与えらえていることがあります。しかし、多くの現場においての現場監督の役割は「工程の管理」です。

 つまり、工事の進捗具合をチェックし、予定通りに建築工事が進んでいるか、どの工事の手配をすればよいか、といったことを管理しているにすぎないのです。また、現場監督の多くは経験の浅い若い方が多く、建築中の住宅検査の技能を有している方は少数派です。ほとんどいないと言ってもよいでしょう。

 また、1人の現場監督が抱える現場(担当する建築中の住宅)は数多く、1日に何箇所も管理へ行かなければなりません。現場監督の多くは大変忙しいのです。忙しくて時間がない上に、検査のスキルがないわけですから、住宅建築の品質を求めるのは無理があります。

 ちなみに、これは現場監督が悪いわけではありません。会社の体制として、最小限の人数で多くの現場を管理するために、時間が足りないのであり、会社に教育システムがないから十分なスキルが身につかないのです。これは、会社や業界の問題点だと言えます。

 結局、工事監理者にも現場監督にも建築中の適切な検査を求めるのが困難な状況にあり、その住宅の施工品質は現場の職人任せになっています。良い職人が、掘削工事から基礎工事、木工事、内装工事、設備工事と全てを担当してくれればよいですが、多くの業者が出入りする現場において、これを期待するのも難しい面があります。

 つまり、誰も建築中の住宅検査(施工監理)を適切に行っていない住宅が多いというわけです。そこで、第三者による住宅検査が行われるようになってきたのです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事