住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築住宅の施工監理(建築中の検査)の実態と第三者監理

新築住宅の施工監理(建築中の監理)の必要性

 新築住宅を建築するとき、多く施主はその施工の品質に注目しています。建物の安全性の確保といった最低限度のことはもちろんですが、建物の有する性能を十分に発揮するためにも、施工品質の検査は非常に重要です。

 そして、もう1つ、その施工内容が予定していた建築プランと相違ないか検査することも非常に重要です。仕様書を含む設計図書と施工内容の照合を現場で行うことで、検査できます。

 このように、施工品質を検査したり、設計図書と施工内容の照合をしたりすることを施工監理、または工事監理と呼びます。この施工監理は、新築住宅を建築する際には非常に重要な役割を担っており、この施工監理が適切に行われるかどうかで、その住宅の安全性、品質が大きく異なると言っても過言ではありません。

 施工監理は、建築中に何度も何度も現場へ足を運び、品質検査や図面との照合を行います。これを行うものを、工事監理者と呼び、建築士が行います。

 建築する際には、この工事監理者を定めることが義務化されており、建築確認申請書を見れば誰が工事監理者であるか確認することができます。

 施工品質の検査などを行う工事監理者を設けることが義務化されているということは、全ての住宅が安全だと考えて良いのでしょうか?実は、ここに大きな落とし穴があり、住宅を新築する方も新築分譲住宅を購入する方も十分に注意しなければなりません。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事