住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の建築工事の流れ

地縄張り(縄張り)・遣り方

 地縄張りとは縄張りとも呼ばれますが、住宅の建築工事の初めに行うもので、敷地内における建物の配置を示していく作業です。設計図書を確認しながら、縄やビニール紐で輪郭を地面に張って、建物の配置を示していきます。

 この地縄張り(縄張り)によって、施主が建物の位置などのイメージを確認することも目的の1つです。しかし、地縄張りの際に施主に立会いを求めない施工者やハウスメーカーもあります。また、未着工の建売住宅を購入した場合では、売主から地縄張りの立会いを案内されることは少ないようです。

ベンチマーク

 この地縄張り(縄張り)のときに、現場でベンチマーク(BM)を定めて、そこから一定の高さをGLとします。現場にもよりますが、道路のマンホールなどをベンチマークとすることが多いです。

 GLとは、グランドレベルの略ですが、建物の高さを見る基準となります。設計段階でもGL(設計GL)を定めていますが、これを現場でどこにするか決めるわけです。


 次に行われるのが遣り方(やりかた)です。遣り方を基準として地業工事・土工事・基礎工事を行うので大事な工程です。図面通りであることを確認しなければなりません。

遣り方

 この遣り方とは、建物の位置・基礎の高さ・水平などを決める工程で、地縄張りの外側(50〜100cm程度はなれている)に杭や板を張り巡らせる作業です。作業後は、杭と板で地縄張りの外側を囲った状態になります。

 この際の板は水貫と呼ばれますが、オートレベルなどを使用して、GL(基準となる高さ)から一定の高さに水平に設置していきます。


 この板(水貫)に描かれた芯墨の位置が建物の壁芯です。芯墨に沿って張られる水糸が壁芯を示していますので、敷地境界線・道路境界線と水糸の距離を測り、図面と合っていることを確認しなければなりません。

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事