住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築マンション購入の基礎知識

新築マンション選びの初歩(モデルルームとパンフレット)

 新築マンションを購入検討するとき、多くの方が広告などを見てから、モデルルームへと足を運びます。モデルルームを見て新築マンション選びをすることは、今では当たり前のことになっていますね。

 モデルルームへ行くと、営業の方の案内でパンフレットやモデルルームを見ながら説明を受けます。
大規模な新築マンションであれば、ビデオ上映までしていることもありますね。多くのマンション購入者がこれだけの情報で購入判断しています。

新築マンション購入の基礎知識

 しかし、この段階で検討しているマンションのことをどれだけ知っているのでしょうか?数千万円の大金のために、大きな借入をして(住宅ローンを組んで)購入しようとしているマンションのことをどの程度知っているのでしょう?

 自分が購入し永く暮らすマンションなのに知らないことが多すぎるということが、マンション購入で失敗する原因です。

 パンフレットには、色々な情報が載っているように見えますよね?しかし、パンフレットの情報量には、マンションによってかなりの開きがあります。マンション購入の相談を受けるとき、基本的にはパンフレットを持参いただきます。

 しかし、その内容によっては情報不足過ぎて、アドバイスに困るものも多いです。なかには表現が怪しかったり、誤解させようと意図的に作られているのではないかと思えたりするものまであります。

 このモデルルームやパンフレットを、新築マンションを購入検討する人は大事な購入判断のための資料として見ていることでしょう。逆に、新築マンションを販売する側にとっては、販売するための資料として位置付けています。皆さんが購入判断のためと思っている資料は、販売するための資料なわけですね。

 モデルルーム・パンフレット = 新築マンションを売るためのツール

 このことは、改めて言うまでもなく当然のことなのですが、それでも新築マンション選びをされる多くの方が、モデルルームやパンフレットを購入判断の材料として重視しているので、あえて書かせて頂きました。

 「新築マンションを売るためのツール」なわけですから、当然、その新築マンションの売り、つまりPR材料はしっかり載せていることでしょう。しかし、数千万円もの買い物をするときに、メリットだけを見て購入するわけにはいきませんね。やはりデメリットもチェックしておきたいものです。

 また、パンフレットには新築マンション選びをしている方の誤解を招くような表現もしばしば見られます。いかにも、他のマンションよりも優れている方のような表現になっていながら、実は普通のマンションだった、、、なんてことがよくあるものです。

 標準的な仕様のマンションでも良いわけですが、それを優れたものと誤解を与えるようでは問題だと思いませんか。この手法の1つとしてよく使われているのが、古い時代のマンションの仕様と比較した表現です。マンションの仕様は、長いスパンで見れば確実にレベルアップしています。工法、設備もそうですね。

 例えば、コンクリート強度の設定も昔と今では標準クラスが異なります。当然、今の方が優れているわけです。それを昔の標準的な仕様との比較記事を掲載して、優れたマンションとの印象を与えようとしています。これはよく見られる手法ですので、注意しましょう。

 最近の新築マンションと昔のマンションを比較して、対象マンションをよく見せるようするのは、日本語のトリックとでもいいましょうか、情報は正しく正確に伝えてほしいものです。パンフレットは売るためのツールだという基本は、よく頭に入れておいた方が良いでしょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事