住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築マンション購入の基礎知識

内覧会と引渡し

 新築マンションを契約し、そのマンションが完成すれば、引渡しと決済を行います。しかし、その前に大事なイベントが1つあります。それが、内覧会ですね。

 内覧会とは、出来上がった建物を買主が確認し、契約通りのマンションか、施工精度に問題がないか、といったことをチェックする機会です。内覧会は、確認会などと呼ばれることもありますが、基本的には同じことですね。

 新築マンションは青田買い(完成する前に購入する)ことが多いので、売買契約の時点では室内を見ることができません。つまり、内覧会は買主が初めて室内を見る機会ですので、多くの方が楽しみにしていますし、嬉しい場でもあるのですが、やはり、やるべきことはしっかりしておきたいものですね。

内覧会

 室内の施工が丁寧にされているのかどうかを確認したり、頼んでいたオプション工事がされているか確認したり、、、そのうえ、内覧会の際に各所の採寸を行う方も多いですので、実は当日はなかなか忙しいものです。

 そこで、内覧会で行うべき施工精度のチェックを 専門家に依頼する方も多いです。専門家に依頼するのですが、できれば建築士の資格ぐらいは持っている方にお願いしましょう。

 ただし、新築マンションの完成後にチェックできることは表面的な仕上げ部分がほとんどであり、専門家といえども、主要構造部分の検査までは無理です。

 正確に言いますと、大きなコストをかけて非破壊検査で確認する方法もありますが、費用対効果や必要性はという意味で、そこまでする方はなかなかいないでしょう。

 ただ、何もチェックしないと施工が粗いまま引渡しを受けることになってしまいますので、専門家に依頼までしないとしても、ご家族でしっかり確認しましょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事