住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築マンション購入の基礎知識

大規模マンション・小規模マンション

新築マンションと言いましても、そのタイプによってメリットやデメリットが異なります。

総戸数が数百戸もある大規模マンションから、10戸未満の小規模マンションまでありますし、郊外型や都市型、高層や低層などの違いもあります。一般的には、大規模マンションは郊外にあるという認識ですが、都心の高層マンションも大規模マンションと言えますね。

大規模マンションのメリットは共用施設の充実が挙げられます。敷地の広さや建物の大きさを活かして共用施設を充実させることが多いのが大規模マンションの特長です。

新築マンション

トレーニングルームやシアタールーム、緑地などマンションによって様々なものがありますが、これら共用施設は維持費が高いことが問題となります。

大規模マンションであれば、総戸数が多いので、戸当りの費用負担を抑えられることもあり、共用施設を充実させやすいわけです。

ただし、郊外型の大規模マンションは都心へのアクセスが問題となることがありますし、都心の超高層マンションはかなり高い、、、こういったデメリットもあるので、悩まれる方も多いですね。

小規模マンションのメリットは、管理組合の運営がスムーズに出来やすいことが挙げられます。特に、築年数が古くなってきたときには、管理組合の「まとまり」は強みを発揮します。但し、維持管理にかかる費用の戸当たり負担は大規模マンションに比べてどうしても高くなりがちです。

大規模マンションのスケールメリットは大きいですね。

このように、マンションをタイプ別にみるだけでも、メリット・デメリットがあるので、個々のマンションを比較するとそれぞれの特徴があって購入判断に迷われるかもしれませんね。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事