住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築マンションの元営業マンの裏話

マンション販売センターの「バラ」の謎

 マンションの販売センターへ行った時、販売区画の絵(住戸の表)を見た事がありますか。あの貼り付けてあるバラは何だと思いますか。

 正解は発売した住戸の申込み、成約になった印です。

 不動産の販売会社により多少ルールは異なりますが、販売の時期を数回に分けていますので、各販売期に発売の住戸に対して、購入希望のお客様がお申込みをした所にまずバラを貼っていきます。(申込みと成約が同じ色のバラの不動産会社もあれば、色を変える会社もあります。)そして成約になった住戸の所にバラを残しておきます。

 では、バラの色を変えない会社を例にしてみましょう。

 基本的には、住戸の申込みは「現金」「住宅ローン」「買い替え」「買い替え+住宅ローン」という資金計画の方が殆どです。

 購入の意思、資金が決まっていれば不動産会社が申込みの受付をして、住戸の申込書の1番と入った申込書を交付します。一つの住戸に2組以上の申し込みがあった場合、2組目のお客様に申込番号2番を渡します。3組目以降も同様の手順で購入希望者に対して申込番号の入った書面を交付していきます。

 そしていよいよ抽選となりますが、発売する住戸に対して申込みが1組のお客様なら、無抽選で当選。2組以上の希望者があった場合は抽選となり、抽選器に希望者数の分だけ数字を振った球を入れ、廻したあと最初に出た数字が当選番号となります。

 当選した方に順次、担当営業から電話をして当選を伝えると共に購入意思の確認、今後のスケジュールを伝えます。

 この電話をする時がまた担当営業は緊張する時です。何しろ連絡がつかないと、この当選した方の次点になる方へ連絡ができないからなのです。

 遅くなればなるほど、次点以降の購入希望者が他に逃げるのではないかと上司が心配し、
「まだ連絡がつかないのか」と急かすのです。

 お客様だって仕事の都合もあるし、電波の通じない所に居る時だってあるのに、自分の都合だけで言うのです。大体はその日のうちに連絡がついて一安心なのですが、翌日持ち越しという場合もありますから、抽選日はお客様のみならず売る側も「ハラハラ」する日なのです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事