住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

既存住宅売買かし保険と中古住宅の保証サービスの仕組み・注意点

中古住宅の購入者が利用する既存住宅売買かし保険と中古住宅の保証サービス

 既存住宅売買かし保険と中古住宅の保証サービスの仕組みなどは前述した通り(既存住宅売買かし保険と中古住宅の保証サービスの仕組み)ですが、実際に中古住宅を購入するときに、購入者がこれらを利用するときについて説明します。

 2つのパターンがあると前述しましたが、1つは売主が不動産会社(宅建業者)である場合で、もう1つは個人間売買の場合です。

 1つ目の「売主が不動産会社(宅建業者)である場合」は、購入しようとした中古住宅の売主が保証している形ですから、保証や検査をする会社を購入者が探す必要はありません。ただ、その売主である不動産会社が保証・保険を取り扱っていなければ、保証・保険を利用できないことになります。

 もう1つの「個人間売買の場合」は、購入者が保証・保険に対応した住宅検査会社(住宅診断会社)を探して、その会社へ依頼することになります。不動産仲介業者が紹介してくれることもあるでしょう。住宅検査会社(住宅診断会社)によっては、保証・保険を適用するための検査だけではなく、より細かな項目まで調査して診断結果を聞けたり、補修すべき点の優先度などのアドバイスをもらえたりするので、そういった住宅診断(ホームインスペクション)サービスも検討する価値があります。

 住宅には、保証・保険の適用外となる問題も非常に多いため、住宅診断(ホームインスペクション)の利用をベースとして考え、その上に保証・保険を付加するかどうかで考えるとよいでしょう。

 中古住宅を購入する方は、住宅診断(ホームインスペクション)や既存住宅売買かし保険と中古住宅の建物保証サービスを利用することが多くなっており、これからの住宅取得にはこれらのサービスはかかせないものです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事