住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古住宅購入のチェックポイントと注意点

中古一戸建て住宅の点検口のチェック

 住宅購入の重要なチェックポイントの1つとして、点検口の有無を確認するようにと、いつも住宅購入の相談に来られる方にお話ししています。点検口の有無は、新築住宅に限ったことではなく、中古住宅でも重要なことです。

 点検口とは、床下や屋根裏などを点検することが主な目的ですが、その点検口がないということは床下や屋根裏のメンテナンスがし辛いということですし、そもそも点検できないのですから、状態を把握することできません。

 そして、何かあったとき、たとえば雨漏りや配管等の水漏れなどのトラブルがあったときへの対応も遅れてしまいますね。

 中古住宅について言えば、点検口がないということは、今まで点検をしていないということであり、つまりメンテナスをしていないことの裏返しでもあります。なかには、トラブルがある度に床等の一部を解体撤去して対応することもあるので、一概には言えませんが、基本的には点検、メンテナンスがおろそかになっている住宅の可能性があると考えて良いでしょう。

 点検口がある住宅の場合は、必ず、床下や屋根裏を確認してください。床下も屋根裏も、その中古住宅の状態を知るには本当に役立つ重要なポイントです。

○床下のチェックポイント
・基礎の状態(ひび割れ・ジャンカなど)
・土台等の木部の状態(ひび割れ・劣化・腐食など)
・束・束石の状態
・鉄骨の状態(劣化・錆など)
・金物の状態(位置が適切か・緩みがないかなど)
・シロアリ
・カビ
・水漏れ
・配管(勾配・劣化など)
・断熱材の有無と状態
・換気状態

○屋根裏のチェックポイント
・柱・梁等の木部の状態(ひび割れ・劣化・腐食など)
・鉄骨の状態(劣化・錆など)
・金物の有無と状態(位置が適切か・緩みがないかなど)
・断熱材の有無と状態
・雨漏り
・換気状態

 建物の状態次第では、購入後の補修等に多くのコストがかかってしまうことも少なくありません。第三者の住宅検査(住宅診断)を利用するか、自分自身でできる限りチェックしてみましょう。参考として、住宅検査・診断、建物調査のチェックポイントも見ておくと良いでしょう。

 点検口の有無は、リフォーム済みの中古住宅の際にも効果を発揮します。リフォーム済み物件は、表面的には綺麗になっているために建物の劣化状態や施工不良などの問題を確認するのは簡単ではありません。

 しかし、床下や屋根裏といった普段は誰も見ない箇所まではリフォームされていないことが多いので、点検口から確認することで建物状態を判断する有効な材料となるのです。リフォーム済み中古住宅では、点検口の有無を真っ先に確認して、実際に点検口から覗いて見てみましょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事