住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古物件購入時に知っておきたいポイント

中古物件を買うときの駐車場のチェックポイント(1)

 駐車スペースのある中古一戸建て住宅を購入する方であれば、駐車場も購入前の大事なチェックポイントだと言えます。「保有する車と駐車スペースのサイズが合わずに車を買い替えた」「出し入れが面倒なので車を買い替えた」というお話を伺ったことは意外と多いものです。

中古物件を買うときの駐車場のチェックポイント(1)

■駐車スペースは十分か
 マンションと違って一戸建てなら、駐車場を借りなくてよいのは大きなメリットです。しかし、その駐車スペース(駐車場)が使いものにならないようであれば、意味がありません。中古一戸建てであれば、これから建築する新築と違って、実際に駐車できるか試すこともできますから、しっかりチェックしましょう。

 駐車スペースで最も心配されるのは、保有する車が過度なストレスなく駐車できるかという点です。駐車場の広さが充分であるかどうかです。車のサイズを少し上回る程度のスペースであれば、実際に使用してみると非常に使いづらいということは多いです。

 ドライバーの運転技術にもよりますので、ご夫婦で不得手な方に合わせて考える必要もありますし、また車を買い替えたいのであれば、買い替えも見越して検討しなければなりません。「今はコンパクトカーでいいけど、子供が生まれたらもう少し大きな車に乗り換えたい」ということも多いものです。

 駐車スペースの確認方法は、中古住宅の場合では図面が無いことが多いため、実際にメジャーで計測する必要があります。奥行や巾を計測して、車のサイズと比較しましょう。このときに車のサイズは、ドアを開閉したときのサイズに注意しましょう。

 駐車スペース周りもチェックしてください。例えば、エアコンの室外機を置く場所を想定したり、給湯器の位置を確認したり、さらには物置を設置したいならその位置と大きさも検討したりしなければなりません。

 また、自転車やバイクを置くスペースも一緒に考えてみてください。駐車場の奥行が車の長さが何とか収まるという状況でありながら、奥に自転車を置きたいとなれば途端に厳しくなります。都会の狭小地では、こういった細かなことまで考えた上で駐車スペースに問題ないか確認する必要があるので注意しましょう。

 中古住宅を購入する方のなかには、「これまでは賃貸マンションで車は外部で洗車していたけれど、これからは自宅でゆっくり洗車したい」と考えている方もいるでしょう。車好きな方にとっては大事なことかもしれません。

 しかし、自宅の駐車スペースで洗車するのであれば、洗車に十分なスペースかどうかもチェックしてください。人がホース等を使用しながら車の周囲を移動できるのか、洗濯物を干す位置と干渉しないか、隣地の洗濯物がすぐ横になさそうかといったことを確認しておきましょう。

■実際に車の出し入れをテストする
 日々の車の出し入れのしやすさについては、売主の了解を得た上で実際に駐車と出庫を体験するとわかりやすいです。駐車時の乗り降りも試してみてください。

 大丈夫だろうと思っていたけれど、実際に使用すると道路が狭くて車を何度も切り返さなくてはならないということもあります。道路の向かいのお宅が道路にはみ出して植栽を置いているのが邪魔になるということであれば、その物件を購入する前に向かいの方とその植栽の撤去について話を付けておいてもらったほうがよいこともあります。

 試しに出し入れする際には、敷地前までの道路の進入路も一緒に確認できます。片側からだけではなく、逆側からの進入路も試しておきましょう。

 この続きは「中古物件を買うときの駐車場のチェックポイント(2)」でご覧ください。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事