住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古物件購入時に知っておきたいポイント

中古物件購入時の敷地のチェックポイント(擁壁・日照)

 中古住宅を購入する時の敷地のチェックポイントとして、擁壁・日照・通風についてです。まず「擁壁の水抜き穴の有無」についてです。

中古物件購入時の敷地のチェックポイント(擁壁・日照)

 中古住宅の内見に行きますと、隣地と敷地の高さが違う住宅を見かけることもあるでしょう。丘陵地などによく見られるのですが、傾斜地を切り開いて住宅地とするときにはどうしても段々畑のような形状となってしまうものです。

 そのような傾斜地の住宅街では、境界付近に擁壁がある物件は多く、横浜や神戸などでは特に多く見られます(その他のエリアでも非常に多いです)。

 擁壁がある場合には、その擁壁が構造的に問題ないか確認したいところですが、現実にはなかなか確認が難しいです。それでも表面に何かひどい症状(大きなひび割れ等)が出ていないか程度の確認はしておきたいところです。

 そして、擁壁の水抜き穴があるかどうかを確認してください。水抜き穴は、擁壁の上の土地の地中に浸透した水の逃げ道です。これが無い場合には地中の水分の逃げ場がなく飽和状態になり、擁壁や住宅の基礎へダメージをもたらすことがあります。実際に、これが原因で大きな亀裂が生じたと思われる現場もあります。

 購入を検討する中古物件が、擁壁の上でも下でも大きな問題となりうることです。擁壁が崩壊するようなことがあれば大変です。水抜き穴の有無は大事なチェックポイントですが、その穴が完全に詰まってしまっていることもあるので、いくつかの穴を目視で確認しておきましょう。

 擁壁の下側の中古物件を購入するのであれば、擁壁の下側に排水溝があるかどうかも確認しておきましょう。水抜き穴から流れ出た水が排水溝を流れて敷地外へ出ていく計画になっていればよいのですが、排水溝が無く購入する土地の敷地内に垂れ流してしまっていることもあるのです。これでは敷地内に水が溜まりやすくなり、大雨のときが心配されます。

 なかなか時間的に難しいことも多いですが、水はけのことも兼ねて、大雨のときやその直後に現地を見学することをお奨めします。

 次に「日照」です。どの程度、日があたるのか確認したいところですが、丸1日、現地で見ておくわけにもいきません。隣地との建物の感覚が狭くて日照が心配される物件であれば、せめて午前と午後にわけて2度以上の見学をされることをお奨めします。

 全く日の当たらない場所の水はけを確認したり、日の当たらない建物の基礎付近にカビが無いか確認したりすることも忘れないでください。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事