住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

一級建築士のアドバイス(中古住宅編)

中古住宅の購入のメリット・デメリット

稲久保:
今回は、奈良県の丹波さん(一級建築士)に『中古一戸建て』についてお話しをお伺いしてきました。
中古一戸建て住宅についてお話しをお伺いしたいと思います。
早速ではございますが、まずは、中古一戸建て住宅を購入するメリットについて教えて下さい。
丹波さん:
第1に、一般的に新築よりも価格が安い事です。第2に、現実に建物があるので、現物そのものを見て購入判断が出来る点です。
特に、図面を見てもわかりにくい方は現物を見る事が出来た方がわかりやすいです。
最近の物件であれば、骨組みもしっかりしていますので、中古の物件でも昔よりは安全に購入出来るようになったと思います。
稲久保:
逆に中古一戸建て住宅を購入するデメリットはありますか?
丹波さん:
調査においては、どうしても目視だけではわからないところが多少はあるので、その部分に関しては、残念ながら解体して中を見ることが出来ないので、100%完璧ですと言えない部分があります。
稲久保:
それは、新築も一緒ではないですか?
丹波さん:
新築の場合は、ゼロから作っているので、建築中に誰かがチェックをします。もちろん、第3者の検査が良いわけですけど。
中古物件の場合は、非破壊検査では見えない部分がいくつかあり、それに関してはどうしようもないです。
稲久保:
築年数が古い程、問題がある確率は高いものですか?
丹波さん:
昔は、大工さんが現場で柱などを加工して、しっかりした骨組みの建物を建てていたのですが、その後、住宅の大量供給が必要ということもあって、質より量を重視するようになり、そんな時代に建てた建売のような物件は怖い面があると思います。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事