住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入のチェックポイントと注意点

中古マンション購入判断は1981年(昭和56年)がポイント?

 「中古マンションは古いので、構造的に危なそうだ」「新築に比べて、昔の技術水準は低いだろうから新築マンションの方が良いのではないか」と漠然としたイメージから、新築マンションより中古マンションを選ぶ方は少なくなさそうです。

 しかし、新築よりも購入しやすい価格帯であることや実物を見て購入できるというメリットもあるので、イメージだけで判断すると実は損をしているかもしれません。正しい知識、情報をよく理解した上で判断されると良いでしょう。

 大事なチェックポイントの1つが、「マンションが何年に建築されたか?」という点です。

 1981年(昭和56年)に建築基準法が改正されたことで、建物の耐震性について高い基準を求めるようになりました。これを新耐震基準と呼んでいますが、新耐震基準で建築されたマンションであれば、それ以前のマンションに比べて耐震性が高いと言えます。

 しかし、注意しなければならない点があります。その中古マンションの完成年月だけを見ていては、新耐震基準で建築していないマンションまで、新耐震基準を満たしたマンションだと誤解してしまう怖れがあるからです。

 この建築基準法の改正は6月1日に施工されました。建築前に行政に建築確認申請をして、その承認を得てから建築するのですが、1981年(昭和56年)6月1日までに建築確認がおりていれば、それ以降に建築・完成することもあるのです。よって、マンションの完成日が1981年(昭和56年)6月以降であっても安心できないのです。

 この1981年(昭和56年)6月1日より前に建築確認がおりたものであれば、古い基準で建てられている可能性が高くなるということを理解しておきましょう。

 マンションは、一戸建て住宅と違い建築期間(工事期間)が長いですね。マンションの規模等にもよりますが、着工かしてから1年以内に完成するマンションは稀です。1年を超えて、いや2年を超える場合だって少なくありません。今のように超高層マンションはなかったにしても、マンションの工事期間は長いものです。

 そして、中古マンションの購入者がその物件の情報を見るときには、建築確認の日を確認するには少し手間ですが、完成年月ならば不動産業者のチラシにも載っていますので簡単に確認できます。

 こういったことから、チラシや不動産業者の用意する資料で完成年月を確認し、その完成年月が1983年もしくは1984年以降であれば、新耐震基準で建てられていると考えてよいでしょう(但し、できれば建築確認の年月も確認をお奨めします)。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 1983年もしくは1984年以降に完成したマンションであれば、
 新耐震基準で建築された可能性が高い。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 上記が1つの大事な目安になります。

 ただ、1981年6月以前であっても、新耐震基準と同等の設計をしているマンションはありますので、全てのマンションに該当するわけではないことも頭に入れておくと良いでしょう。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事