住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入のチェックポイントと注意点

賃貸しやすいマンションの条件:立地

 未婚のシングルの方やお子さんがいないディンクスの方がマンションを購入することも、今では当たり前のようになってきているようです。

 シングルやディンクスの方がマンションを購入するときは、将来、結婚や出産などで家族が増えたときには売却したり、賃貸したりすることを想定していることが多いです。これは、当然の考えでしょう。

 売却するとなりますと、住宅ローンの残債(借入残高)がネックになって(売却価格の方が低くて自己資金の持ち出しが必要になって)しまうので、賃貸するという方も多いようです。また、安定的な収入にしようと考えて賃貸を考える方も多いようです。

 つまり、マンション購入時に賃貸しやすいかどうかを検討して、購入判断する必要が出てくるのですね。では、賃貸しやすいマンションとはどういった条件のものでしょうか?

 マンションを賃貸する(貸す)ための最大のポイントは、やはり立地です。都市または都心からのアクセスが便利な場所であること、最寄駅から近い場所であることが重要です。つまり、多くの方(借りる方)にとって都合の良い立地です。

 逆に、将来の賃貸や売却のことを考慮しないならば、購入者の都合のみで購入判断できるので、立地の考え方も自己都合で大丈夫ですね。

 たとえば、「最寄駅から遠くて公共交通機関の便は悪いものの、自分たちは自動車を中心とした生活をしているため、駅との距離は気にしない。むしろ、不便な分だけ価格の安い地域でマンションを購入する」のも1つの考え方です。ただ、こういった方にとっては賃貸しやすいマンションの購入は困難でしょう。

 既に、多くの空家が問題となりつつありますが、これからはより顕著になってきます。古いマンションほど、貸したくても借り手がいない状況になってきますので、「古い」こと以外のマイナス条件はあまり作りたくありません。特に、不利な立地は影響が大きいでしょう。

 賃貸しやすいか、今の生活を最優先するか、どちらをとるかではありますが、シングル・ディンクスの方にとっては賃貸しやすいことは重要なことだと考えておくとよいでしょう。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事