住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入のチェックポイントと注意点

中古マンションの修繕積立金の注意点

 マンション購入の際には、そのマンションの管理面や修繕計画について十分にチェックし、問題点がないかどうか確認しておくことが重要です。管理面や長期修繕計画に問題がある中古マンションを購入するのであれば、購入後には管理組合の活動に積極的に参加して、その問題点の改善に努める必要があるでしょう。

中古マンションの修繕積立金の注意点

 ここでは、マンションの長期修繕計画や修繕積立金などについての注意点などを解説しています。主に中古マンションを購入しようとする方を対象としていますが、新築マンションの購入に際しても参考になるでしょう。

 中古マンションの長期修繕計画や修繕積立金について考える上では、国土交通省が出しているガイドラインが良い参考になります。平成23年4月の「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」を参考にしながら解説していきます。

 マンションを購入する上で、必ず正しく理解しておく用語として「修繕積立金」と「長期修繕計画」があげられます。

 修繕積立金とは、マンションの将来の修繕にかかるコストをマンションの所有者の皆さんで積み立てていこうというもので、一般的には毎月、定額を積み立てていくものと、新築マンション購入時やその後も数年に1度の時期を決めてある程度のまとまった金額を負担する一時金というものがあります。

(例)あるマンションのある住戸の修繕積立金と修繕積立一時金
 修繕積立金    9,880円/月(毎月の支払い額)
 修繕積立基金  335,000円(新築で購入したとき1回限り)
 修繕積立一時金 313,000円(築12年目で支払った金額。24年目でも同額程度の予定有)

 上記は一例ですが、このように修繕積立金は毎月支払うものと、一時的にまとまった金額を支払うものとがあります。

 前述したように、マンションの将来の修繕にかかるコストのために積み立てるものですが、対象となる修繕は共用部に限られます。外壁やエントランス、屋上(屋根)のほか、エレベーター等の設備・施設も含まれます。日常的にちょっとしたメンテナンスに支出するコストもあれば、数年に1度(例えば10年に1度)のペースで実施される大規模修繕工事に支出するコストもあります。

 大規模修繕工事ともなれば、マンションの規模や建物の劣化具合などにもよりますが、1度に数億円規模の費用がかかることも多いため、この金額を必要なときだけ所有者の皆さんから徴収するのは無理があり、支払えない人も多く出てくるでしょう。そのために、前もって積み立てておくのが修繕積立金です。

 ちなみに、各所有者の部屋(専有部分)の修繕費用はこれには含まれないため、各自でコスト負担して対応しなければなりません。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事