住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンション購入のデメリット 〜修繕計画がひどい〜

マンションを良い状態で長持ちさせるには、普段からの維持・修繕が非常に大事です。マンションによっては、この維持・修繕を適切にやっていないことも少なくありません。

たまたま購入した中古マンションが、維持・修繕をまともにしていないようであれば、将来の思わぬ金銭的な負担が多く生じる可能性があります。

分譲マンションは、維持・修繕を計画的に行っていくため、修繕積立金を各所有者が負担して、修繕費を積み立てていきます。

しかし、その金額は長期修繕計画をもとに計算された適切なものである必要がありますが、全然不足がちなマンションも少なくないのが現実です。そういったマンションは、これから問題が表面化してきて運営がたいへんなものになるでしょう。

マンションによっては、修繕計画がひどいものがあるので、よく確認しておく必要があります。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事