住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンション専有部分のチェック

専有部分とは、実際に購入となった場合に居住する室内部分のことです。購入を考えている方は一番気になる部分ではないでしょうか。

実際に、キッチンや洗面所、浴室、トイレの水を流して、水の出が悪く無いか、水が排水されにくくないか、赤い色や変なにおいはないか、お湯はきちんと出るかなどをチェックする事で購入後に補修・リフォームすべき箇所を把握することが出来ます。

中古マンションの専有部分

リフォームは、

 ・汚れた部分をきれいにするもの、
 ・ドアなどの建具の不具合を修理するもの、
 ・バリアフリー化の為、段差をなくしたり、手すりをつけたりするもの

のように比較的工事費用の高くない軽微なリフォームから、間取りを変更したり、古くなった設備を最新設備に取り替えたりするような大規模なリフォームがあります。

しかし、マンションは、建物全体で耐震性や耐久性を考えているので、専有部分だから何をしても大丈夫という事ではないのです!!

なかには、室内の間仕切り壁もコンクリートの耐力壁(構造上抜くことのできない壁)になっている場合があり、そのようなときには間取り変更が不可能な事も考えられます。

また、水回り部分の位置を移動する場合には、床下の配管の設備がどうなっているかによって出来る事が限られてきます。

では、中古マンションを購入する前に希望のリフォームが出来るかどうか、どうしたらわかるのでしょうか??通常は、中古マンションの管理人室に竣工図書(マンションの設計図や仕上げ表の事です。)が保管されています。

竣工図書と現状を把握する事で、マンションの遮音性能・断熱性能・居住性能・リフォームへの対応などがわかります。

専門家でないと見てもなかなか理解が出来ないものですので、マンションの専門家にみてもらう(中古マンション建物調査)と良いでしょう。

中古マンションを購入前に、希望のリフォームが出来るか、最低限どの部分をリフォームしたら良いかを知る事でリフォームの予算が決まり、その中古マンションを購入するかしないかの判断に繋がります。
○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事