住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古マンション購入の基礎知識と注意点

不動産情報サイトでの中古マンションの賢い探し方

 不動産情報ポータルサイトはいくつかありますが、中古マンションの掲載物件数についてはほとんどどこのサイトも違いはないようです。多くの方が知っているサイトであれば、どのサイトも多数の物件が掲載されています。ただし、検索機能や物件情報の表示の仕方はサイトによっては特徴的なものがあります。

 中古マンションを探すうえで重要視したいのはリフォーム時の可変性、耐震性、そしてできることならば将来の資産価値にも注目したいところではないでしょうか。不動産情報サイトの便利な点はこういった条件で多くの物件の中から簡単に検索し、個々の物件について調べることができる点です。

 例えば、オウチーノというサイトがあります(以下の画像を参照)。このサイトでは、いわゆる「新耐震基準」の中古マンションを検索できたり、個々の物件の資産としての収益性を目安として表示していたりで、他のサイトには無い機能が付いていました。新耐震基準とは、1981年の建築基準法の改正によって、建物の耐震性についてそれ以前よりも高い基準を設けるようになったのですが、その基準のことです。中古マンションを探す際にもこの新耐震基準のマンションであるかどうかは大事な情報になりますが、検索時に選択できるわけです。

(新耐震基準を条件にして検査できる)
新耐震基準で検索できる

 また、このオウチーノでは、近隣の中古マンションの相場を確認したり、その物件を購入した場合の返済シミュレーションも簡単に確認できる点も便利です。

(相場や返済シミュレーションがわかる)
相場情報がわかる

 そして、リフォーム会社を匿名で紹介してくれるサイトも運営しており、中古マンションの内覧時、無料で任意のリフォーム会社が同行して、その物件の可変性を調べてくれるサービスも用意されているなど、工夫がされています。可変性とは、購入したマンションをリフォームする際の自由度です。間取り変更やキッチン等の水周りの位置変更は、マンションでは難しいこともあります。そういった変更をしやすいかどうかは、中古マンションを購入するうえでは大事な項目です。

出典サイト:オウチーノ(中古マンション)

 このようなサイトでは、今までインターネットでは得られなかった細かな物件情報を充実させていく流れが起きています。とはいえ、サイトで確認するのと実際に物件を見るのではやはり違いがあります。真剣に購入を検討されている物件は実際に目で見て確かめるのが基本ですね。

○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事