住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

一級建築士のアドバイス(中古マンション編)

中古マンションのリフォーム(間取り変更)

稲久保:
購入してから、したいリフォームが出来ない可能性もあるのですね。
マンションの部屋を一つにする事もできますか?

中古マンションの間取り変更

田中さん:
出来ます。構造的にマンションは鉄筋コンクリートが多いので、
室内の浴室の柱も、壁を支えていて建物を支えている訳ではないので、
「がらんどう」に出来ます。

ただ、排水経路とかが、ある程度決まってしまっているので、
メインの共用の配管がココだという事になると、
配管から遠い場所に水周り、浴室やキッチンなどを作るのは難しいです。
ある程度は必然的に制約を受けますね。

共用部分と専有部分の境目があります。
基本的にコンクリート部分は共用部分。みんなの持ち物です。
自分の部屋の横の壁も共用部分という考え方ですので、
コンクリートにビスを打つ事自体が、人の持ち物にキズをつけることになります。

リフォームの時には、業者がそこまでわかっているかどうか、
良く聞かないとトラブルになる可能性があります。
下手にボルトを打ってしまうと、管理人や管理組合からクレームが来ることがあります。

相談を受けたケースでは、お風呂場を広げる為、コンクリートの壁を破ってしまっていた。
古いマンションで、ブロックやコンクリートで浴室に壁を作っていました。
そのコンクリートの壁を外してしまい、さらに共用部分の壁も剥がした!
と大事になったという話もあります。

やっぱり購入前に専門家に、希望のリフォームが可能か聞いた方が良いと思います。

あとは、共用部分で、窓のサッシとか玄関ドアも共用部分です。
サッシも少し修理するのは良いが、取り替える事は出来ません。

もう少し厳密に言うと、共用部分で専有使用権があるという事です。
ガラスなんかも共用部分なので勝手に変えたらダメです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事