住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

一級建築士のアドバイス(中古マンション編)

マンションの耐震性

稲久保:
マンションの耐震性について教えて下さい。

田中さん:
一戸建てもマンションでも昭和56年6月以前の着工か、以降の着工かで
建築基準法で構造計算の仕方が変わっています。
以降であれば、姉歯事件のような事がない限りは、
基本的に心配ないです(基準に合っているという意味で)。

また、昭和56年6月の着工を境に、以前の建物は行政が無料で耐震診断する、
ということがあります。
以降は本来きちんとしていれば問題ないはずですので、補助金が出ないことが多いです。

この築年数を一つの目安で購入を考えるのも良いです。
一戸建ての場合は、昭和56年6月以前に着工の建物ですと、
耐震補強もしないといけないと考えるべきです。

中古マンションの場合は、昭和56年6月以前も着工の建物だからといって、
耐震性の不安を解消しようと思うと、補助金も出ますけど何千万円と高額になるので、
なかなか管理組合そのものがそこまで出来るとは考えにくいです。

神戸の大震災の影響の話をすると、その時に大丈夫だったからといっても、
地震の影響を受けて弱っている可能性があります。

一戸建ての場合はわかりにくいというのもありますが、
マンションの場合は、改修をしている可能性があります。

改修の際にどんな直し方をしたかが重要です。
壁や柱はきちんと直しているが床は補修をしていない事が考えられます。

上の階は、床の仕上げがあってフローリングを貼って、下の階は天井があります。
その中のコンクリートにヒビが入っていても補修をしていない可能性があります。

床も壁や柱と同じように補修をしないといけないがしていない。
床も耐震性に非常に重要なのに、もし補修していなければ、
次の地震に対する力が弱くなっている可能性があります。

被害状況と、どのような補修をしたかを確認する必要があります。
昭和56年以前のマンションはもともと耐震性が低い可能性もありますし、
阪神大震災のあった平成7年以前のマンションについては、
地震後の直し方も重要になってきます。

管理人がずっと一緒であれば聞けるかもしれないし、
売主に聞くしかないがわかるとも限らないです。

マンションの耐震性

稲久保:
修繕計画などに今までの補修状況を記載されてないのですか?

田中さん:
地震の時は修繕計画とか関係なく直します。
その時の資料が残っているかは怪しいです。
被害があってきちんと直していれば問題ないですが、
被害が大きかったところの中古マンションはわかりにくい部分があります。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事