住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

重要事項説明書の基礎知識や注意点

不動産の表示

 売買の対象となる不動産を表示して、目的物をはっきりさせる欄です。土地と建物について概要を記載するところです。

 土地については、所在(地番も)・地目・面積(登記簿・実測)・権利の種類が記載されます。測量図の種類や有無についても記載されます。その他に特筆すべきことなどがあれば、備考欄やその他欄などに記載されます。

 建物については、所在地・家屋番号・構造・階数・床面積・築年月が記載されます。

 新築住宅であれば、まだ建物が登記されていないことが多いので、その場合は未登記である旨がよく記載されていますが、それ自体は問題ありません。しかし、建物の仕様等については、仕様書・設計図書などで確認する必要があります。

 土地が造成中であるにも関わらず、契約を交わそうとするケースがあります。その場合に、土地の面積が記載されていますが、測量図も確定したものではなく、分割図などの名称の書面があるだけのことも、、、土地が分筆登記もされていない上に、現地では道路すらない状態というケースもありました。

 このような状況であれば、まだ契約を結ぶには早いので、できれば造成工事を終えて土地の分筆登記が完了したことを確認してから、売買契約を交わすようにしてください。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事