住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅の売買契約の流れと基本的な注意点

住宅の売買契約に必要な書類・買主が準備するもの

 住宅の売買契約を締結する際、買主が契約当日に持参しなければならないものについて確認しておきましょう。取引にとって異なることもありますが、以下のものを事前に準備しておくとよいでしょう。

売買契約に必要な書類

    〇買主が準備する書類・もの
  • 本人確認できるもの(運転免許証・パスポートなど)
  • 印鑑(認印 or 実印)
  • 住民票
  • 収入証明書(源泉徴収票 or 確定申告書の写し)
  • 住民税決定通知書(or 納税証明書)
  • 印鑑証明書
  • 手付金
  • 印紙代(契約書に貼る印紙の費用)
  • 仲介手数料

 住宅ローンを利用しない場合(現金で購入する場合)は、実印や住民税決定通知書などが必要ないこともあります。仲介業者を介しない取引の場合は、仲介手数料を必要としませんし、介する場合であっても売買契約時は半金とするか無し(支払わなくてよい)とすることが多いです。売買契約時に仲介手数料を支払わない場合は、最終決済の際に全額を支払うことが多いです。

 どの取引でも必ず同じというわけではありませんから、必ず不動産会社に確認をとっておいてください。不動産会社からも、売買契約の際に必要な書類やものについては前もって案内があるはずです。早めに営業担当者に聞いておくとよいでしょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事