住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト
  • 第三者の住宅診断を
  • ほぼ全国対応で
  • 一級建築士が対応

中古住宅診断(ホームインスペクション)-第三者検査

住宅診断
ホームインスペクション
 中古住宅の購入前(一部では購入後)に第三者の一級建築士が住宅診断(ホームインスペクション)を行います。これにより、建物の劣化具合や新築時からの施工不良の有無がわかり購入判断などに活かすことができます。

■ 中古住宅の住宅診断(ホームインスペクション)を行うメリット

・予定外の補修費用の支出リスクを軽減
・築年数以上の劣化・不具合を事前に発見
・購入後に建物の事で後悔しない
・購入の参考材料になる
・補修・リフォームの参考意見をもらえる

■ 対象となる方や物件

・木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造・混構造
・空家・売主等が居住中のどちらも対応
・購入前も購入後も対応
 不動産業者は診断後に購入を中止されたくないため、自発的に住宅診断(ホームインスペクション)のことを教えてくれる方は少ないです。よって、買主から住宅診断をすることを申し出ると良いでしょう。


 その際に、不動産業者が自社や提携先の診断サービスを案内することがありますが、売り手側の診断であるため買主に適切な情報が伝わらないことが考えられます。住宅診断(ホームインスペクション)は買主の判断で依頼する会社を決めましょう。
○中古住宅診断(ホームインスペクション)の調査範囲
○建物の外部
基礎の外回りや外壁、軒裏が対象です。屋根に上がって調査しておりませんので、屋根面は地上やベランダから確認できる範囲です。

○建物の内部
各居室の床や壁の傾き、建具等の動作チェック、水周り設備の動作チェックなど。

○床下・屋根裏
点検口などからのぞいて確認できる範囲が対象です。但し、オプション調査で床下や屋根裏へ進入して調査することも可能です。
○中古住宅診断(ホームインスペクション)の調査方法と調査器具
調査方法は、目視・打診・触診・計測です。
目視は診断担当者が見て行う調査、打診は打診棒などで軽く叩いたり転がしたりして行う調査、触診は手や足で触って感じる調査、計測は床や壁などの傾き・歪みの計測や木部の一部で含水率を計測する調査です。
調査器具は、レーザータイプの水平器・水泡タイプの水平器・鏡・打診棒・水分計・脚立・メジャーなどを使用致します。
住宅診断の調査器具
○中古住宅診断(ホームインスペクション)のタイミングは?
 中古住宅診断(ホームインスペクション)のご利用のタイミングは、売買契約前が最もオススメです。契約前であれば、欠陥や補修に多大なコストのかかる著しい劣化がいくとも見つかった際には購入を中止することができるからです。原則として、契約前の住宅診断をご検討ください。
 但し、契約前に住宅診断を実施する機会(時間)が無い等の理由で契約後に実施する方もいらっしゃいます。その場合は、契約後・引渡し前の診断か引渡し後の診断をご検討ください。
○売主が居住中でも住宅診断(ホームインスペクション)をできるか?
 売主が居住中である場合に住宅診断(ホームインスペクション)を実施できるか心配される方もいらっしゃいます。中古住宅では売主が居住しながら売却することはよくあることですが、その場合でも非常に多く住宅診断(ホームインスペクション)をご利用頂いております。
 大きな買い物をする大事な判断材料ですので、売主へ遠慮しすぎることなく、住宅診断(ホームインスペクション)の受け入れをお願いしてください。不動産仲介業者のなかには、診断結果次第で購入中止になることをリスクと考え(仲介手数料は成功報酬のため)、やや難色を示すケースもありますが、一般の売主が拒否することはほとんどありません。
○中古住宅診断(ホームインスペクション)を担当する専門家とは?
 住宅診断を担当するものは、検査業務だけではなく、新築住宅やリフォーム工事の設計・工事監理の知識や経験が必須です。その理由は、住宅の仕組み・設計や施工の過程・事情等に精通しておく必要があるからで、そのためには作り手としての経験が求められるからです。リフォームの経験は中古住宅においては有効なものです。そして、設計や工事監理を主導的な立場で経験するためには、建築士の資格が必須です。
 ここでご紹介する実績豊富なアネストの住宅診断サービスは、建築士のなかでも必ず「一級建築士」が担当となり、診断やアドバイスを行います。よく二級建築士、もしくは建築士の資格すら持たないものが住宅診断を提供していることもあるため、専門家に費用を支払って依頼するときは、「一級建築士」であることを必ずご確認ください。
一級建築士の住宅診断
 しかし、一級建築士であれば誰でもよいというわけではありません。この資格は最低条件であり、その上で経験が大事なポイントです。10年超の経験とノウハウを持つ、アネストの住宅診断をご紹介致します。
住宅診断の詳細な内容(料金・報告書サンプル・調査内容など)は以下のアネストのホームページでご確認ください
>>> 中古一戸建て住宅診断(ホームインスペクション) <<<
  • 住宅の物件情報
第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
●対応エリア
北海道、岩手県、宮城県、山形県、福島県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、愛知県、三重県、岐阜県、静岡県、石川県、富山県、福井県、新潟県、長野県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、和歌山県、広島県、岡山県、山口県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県
※サービスによっては上記エリアでも対応外の場合あり