住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

建築現場での要望
【全員に質問】
匿名 2016/11/13   
■ ご相談・ご質問の内容

建築現場での写真ですが、斜めに付けてあったりネジ山が崩れて入りきっていないネジがあったり。1番右下はネジもありません。建築現場では当たり前なのでしょうか?壁の中に入ってしまうものなので不安です。
6件のコメントが投稿されています(1-6を表示)。
No.1  石神 昭二 2016/11/14   
 写真を検証するとホルダウン金物の最下段のビスが未施工ですから、施工会社に規定の本数を留め付ける手直しを要望して下さい。

 ホールダウン金物は規定の本数のビスで留め付ける事で設計の耐力が発揮されます。従ってビス本数が不足していては問題があります。

 写真を検証すると、筋違い金物とホールダウン金物が接触している様に見受けられますが大丈夫でしょうか。金物同士が接触する事はホールダウン金物と筋違い金物の認定では不可です。

 それぞれの金物について認定では取り付け方法が決められており、規定にない取り付けで施工された場合は、認定から外れる事になりますので、規定の耐力を発揮できないと判断します。

 もしも接触した事が原因で金物が傾斜して、ビスが打てないのであれば、非常に大きな問題ですから、ホールダウン金物の再施工が必須です。


 
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.2  匿名 2016/11/15   
石神様ありがとうございます、もう一度設計士に相談したいと思います、構造設計事務所が問題無いという事らしいので確認して見ます。もう一度アップを載せました。
No.3  匿名 2016/11/15   
うまく写真か載せれなくてすみません
No.4  石神 昭二 2016/11/15   
 ホールダウン金物のステッカーから(株)タナカの「ビスどめホールダウンU」の35kN用と思われます。この製品はビス本数が15本ですが、写真を見ると14本ですから構造設計事務所が問題ないという回答は誤った回答と考えます。

 併せて筋違い金物と接触してない事を現場で確認して下さい。もしも接触しておれば認定の取り付け方法から外れた方法で取り付けた事になりますので、特に注意して下さい。


石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
No.5  匿名 2016/11/16   
細かく調べていただきありがとうございます、現場監督の方に話して見たいと思います。こう言った場合は外して同部位に付け直す事は有るのでしょうか?それとも他の方法にするものなのでしょうか?何度も相談してしまい申し訳有りません。
No.6  石神 昭二 2016/11/16   
ホールダウン金物のボルトは位置を替えられませんので、柱の同じ面にとりつけます。付け替える場合は、ビスの穴が近接しないように付ける方が良いと考えます。

ボルト軸を付け足す金物が製品のメーカーから販売しておりますので、必ず認定品を使用する事を施工会社に申し入れて下さい。
石神 昭二(一級建築士)
住宅コンサルティングのアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。


< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談