住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅の検査・診断・メンテナンス・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいの情報サイト

住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)

住宅ローン控除(現状受けれない)
【専門家に質問】
freespace 2016/12/18   
■ ご相談・ご質問の内容

住宅ローン控除(現状受けれない)について質問があります。

■状況
私:現在社宅に在住
両親:私名義のマンションに在住(父:すでに退職し年金暮らし、母:パートで年収100万以下)


この状況では私が住宅ローン控除を受けれないですよね?
名義を親に変更しても親が住宅ローン控除を受ける意味は(年収100万以下では)無いですよね?

このような状況ですが、何か良い方がありましたら
ご教授宜しくお願いいたします。

2件のコメントが投稿されています(1-2を表示)。
No.1  森 一夫 2016/12/18   
Toolboxの森といいます。

まず「住宅ローン控除」とは
マイホームを一定の条件のローンを組んで購入したり、省エネやバリアフリーなど特定の改修工事をしたりすると、
年末のローンの残高に応じて「税金が還ってくる」制度のことです。

この制度の適用を受けるには、
1.ローン組んだ本人がその新築又は取得の日から6か月以内に居住の用に供し、適用を受ける各年の12月31日まで
  引き続いて住んでいること
2.所得が3,000万円以下であること
3.返済期間が10年以上の住宅ローンであることなど
いろいろと要件があります。

要件に当てはまる方については、ざっくり言うと、10年間、ローン残高の1%に当たる税金が還ってきます。
(平成27年に家を買った場合)

あなた自身が今、社宅に住んだままでは控除を受けることはできません。

これから控除を受けようとする場合、マンションを取得した日から、どのくらいの時間がたっているのかが
問題になりそうです。

森 一夫(一級建築士、AFP)
Toolboxは設計者としてだけでなくライフデザインするという視点でアドバイスします。住宅の設計監理、ライフプランの相談にも対応しております。回答者のHPはこちら
No.2  freespace 2016/12/18   
森様 

ご回答頂き、ありがとうございます。
頂いた内容は存じております。
因みにマンションを取得した日は2016年4月になります。

まだ調べている途中ではありますが、確定申告時に住宅ローン控除ではなく所得税の節税することが今の私にとって一番合っている方法のようです。

2月に確定申告をして過払いの所得税を取り戻せるようにしたいと思います。



< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 新規登録でマイページ作成
利用規約
住宅購入相談

相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談