住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建売住宅購入の素朴な疑問

マンションから建売住宅への買い替えで売主から購入拒否?

 自宅マンションを売却して新築一戸建てに買い替えようと考え、気に入った建売住宅を見つけたが、売主から「買い替えの人には売らない」と言われた。そんなことってあるのでしょうか?

 手狭になった分譲マンションを売却し、新築一戸建てへの住み替えを希望される方は多く、買い替えの際に同じ問題にあたって困っている人もいます。確かに、買い替えであることを理由に売主から拒否されることがあります。以下のような条件に該当する方で、同様のケースが見られます。

  1. マンションが売却できなければ、買い替え先の物件を購入できない。
  2. 新築一戸建ての売買契約において、マンションが売却不可の場合に購入中止とする停止条件をつける必要がある。

 上記(1)の理由としては、以下のケースがあります。

  • 売却資金を住宅ローンの残債務の返済に充てるため
  • 売却資金を買い替え先の物件の代金の一部に充当するため
 つまり、自宅マンションが売れなければ、資金的に次の物件を買えないというケースですね。

 マンションから戸建てへの買い替えに限らず、買い替えされる方のなかには自宅が売却できないと次を購入できないという方は多いです。以下の事例を見てみましょう。

 買い替えを希望する人:Aさん
 Aさんが購入を希望する物件の売主:B社
 Aさんが売却する自宅の購入を希望する人:Cさん

 Aさんは自宅の売却が決まっていない段階で、購入した物件を見つけました。まだ自宅が売れていないために、Aさんとその売主であるB社との売買契約には停止条件がつきます。B社はAさんと契約したとしても、「一度契約しても、しばらくしてから解約になってしまうかもしれない」という不安定な立場になってしまいます。

 しかも、Aさんが購入する人であるCさんを見つけるまでの間は、B社は誰にも自社の売り物件を売れないのです。仮に買いたいという人が現れても断らなければなりません。そんなことがあった後に結局、Aさんが自宅の売却を断念した場合、B社は売り機会を失ってしまうリスクがあるのです。

 そのために、「買い替えの人には売らない」と考える業者もあるわけです。住宅の買い替えにはいくつかの進め方がありますが、自分にあった進め方を不動産業者と相談しなが考えていきましょう。買い替えのことは「住宅の売却や買い替えの注意点・流れ」で詳しく理解しておきましょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事