住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建売住宅購入の素朴な疑問

建売と注文建築は何が違うのか?分譲住宅とは何か?

 住宅探しをしているときに多くの建売住宅に出会うことになりますが、建売住宅と注文建築の違いがよくわからないという声を耳にすることがあります。また、分譲住宅との違いがわからないという声を聞くこともあります。

建売と注文の違い

 建売住宅も分譲住宅も基本的には同じものです。元はといえば、完成した住宅を購入検討者に見学してもらって、気に入って条件があえば売買するものを建売と称していました。完成物件ですから、当然ながら建物のプラン(間取りなど)、仕様は決められていたものです。


 建売住宅とは、売主が土地を仕入れて、建物のプランを決め、そして建築してから分譲するものだったのです。これを分譲住宅とも呼んでいます。

 一方で注文建築とは、施主が建物のプランを決めて、その建築工事を工務店やハウスメーカーなどへ発注するもののことです。土地については、新たに購入することもあれば、元々施主が所有している場合もあります。

 しかし、最近ではこれらの垣根が崩れてきて(というよりも多様化してきて)、建売住宅でありながら、注文建築の要素を取り入れているものが多くなってきました。それは、完成してから分譲するのではなく、着工する前から販売活動を行い、さらに購入者の間取りなどへの要望を取り入れ(当初の売主のプランを変更して)、売買契約してから建物の工事を始めるというパターンです。

 なかには、売主のプランを多少変更するというレベルではなく、何もプランがないところから購入者の要望にそってプランニングしていることもあります。これは買主から見れば注文建築の感覚ですね。しかし、契約上は建売住宅の売買と同じ形式をとっていることもあります。

 また、この辺を複雑にしているのが建築条件付土地とその土地上に建築する住宅の工事請負契約です。これについては、「建築条件付土地(宅地)の売買の流れと注意点」を参考にしてください。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事