住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築前の建売住宅の購入の注意点

売買契約のイレギュラーな流れの例1:売買契約を再締結をする場合

 前述した本来の売買契約の流れと似ているのですが、建物のプランが決まってから契約を巻き直す、つまり元の契約を破棄して新たな契約を再締結するということがあります。その流れは以下の通りです。

 1.購入の申し込み

 2.土地と建物の売買契約の締結と手付金の支払い
   土地と建物を1つ売買契約書で契約します。

 3.建物プラン(間取り等)の打合せと合意

 4.土地と建物の売買契約を再度、締結
   この時に最初の契約書を破棄します。

 5.建物の建築工事を開始

 6.建物が完成

 7.買主の竣工検査(内覧会)
   買主が完成した建物が契約通りか、工事品質に問題ないかをチェックします。

 8.残代金の支払いと引渡し

 このパターンの場合は多いです。

 上記3の際に建物プランについて合意できないことがあります。希望するプランが物理的に難しい場合や価格が合意できない場合などです。

 合意できないのであれば、買主としてはその物件の購入をあきらめて他の物件を探したいと考えることもありますが、上記2で一度、契約を交わしているので、破棄できない、、、という問題が起こり得ます。手付金が返金されないリスクがあるので、慎重に進めなければなりません。

 基本的には、買主にとってあまり好ましくない進め方です。建物のプランが確定する前には契約を結ばず、プランについても十分に打合せし、合計金額を確認してから売買契約を結ぶよう心掛けてください。

 次に、建売住宅なのに、土地の売買契約とは別に建物の請負契約を結ぶケースです。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事