住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築前の建売住宅の購入の注意点

建築前(未完成)の建売住宅の地盤の確認

 建築前(未完成)の建売住宅を購入するときに、よく問題になることの1つが地盤です。

 完成済みや既に着工している建売住宅であれば、地盤調査を実施済みで、必要に応じて地盤改良工事を行っています。よって、その時点でその物件を購入検討しているあなたに提示されている価格には、地盤改良工事の費用が含まれているはずです。

 地盤改良工事の費用は、その工事内容によっては数百万円になることもあり、売主と買主のどちらが負担するかによって、買主の住宅購入計画に大きく影響するものですから重要です。

地盤改良工事

 通常、建売住宅といえば、地盤調査費用や地盤改良工事の費用も売買代金に含まれることが多い(別途、請求されない)ものです。

 しかし、建売住宅と言いつつも注文建築のような取引の形をとることも少なくなく、費用の負担も通常の建売住宅と同じではないこともあるので注意しなければなりません。


 よって、建築前の建売住宅を購入するのであれば、地盤調査費用や地盤改良工事の費用の負担がどうなるのか、契約前に確認しておきましょう。

 また、費用負担の問題だけではなく、地盤の良し悪しは住宅購入者によって大事なことですね。できれば、地盤の状態を把握してから購入判断したいものですが、建築前の場合、契約時点では地盤調査をしていないことも多いです。

 売主に地盤調査をしてもらい、その調査結果を確認した上で購入判断することをお奨め致しますが、契約後でないと地盤調査をしないという不動産業者も少なくありません。このような場合、地盤改良工事が必要かどうかも分からない状態で購入判断しなければなりません。

 同時に販売している区画がある場合で、既に地盤調査を実施済みであるならば、その結果を参考とするのも1つの方法です。しかし、隣地であっても、地盤調査の結果が異なることも多いので、基本的には地盤改良工事が必要になると考えて予算を検討した方が良いでしょう。

 同時に販売している区画がない場合には、地盤に関する情報をできるだけ集めて予測していくしかありません。たとえば、隣地などの塀や建物の基礎などのひび割れの有無、近くの河川や池の有無などです。そして、その土地の過去の地歴も参考になることがあります。田や畑で合った場合には地盤が弱い可能性が高いと考えておいた方が良いでしょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事