住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築前の建売住宅の購入の注意点

建築前(未完成)の建売住宅の建物の確認は設計図書で

 造成中の土地については、分割図などの資料で確認することをお奨めしましたが、未完成の建物についても同様に資料でできるだけ確認する必要があります。

住宅の図面

 完成後の予想図(イラスト等)だけではなく、設計図書での確認が大事です。具体的には、仕様書や各階平面図、立面図、断面図、敷地配置図などですが、こちらの「建売住宅(分譲住宅)と図面(設計図書)などの必要書類」に一覧を記載しているので、参考にしてください。



 図面を見ただけでは、専門家でもない限り完成後のイメージを想像するのは難しいことです。しかし、イラストや模型などだけでは細部がわからないので、「想像と違った!」と後悔する方が少なくありません。部屋の高さ、広さなどは設計図書から寸法を拾い出してご自身が居住している部屋の高さや広さと比べるなどして、具体的なイメージを掴む努力も必要です。

 広告などの間取り図には、ソファとローテーブルにダイニングテーブルまで置いてあったリビングが、寸法を測れば無理があることも、、、

 設備のカラーについては、モデルハウスがあるなら見て確認し、モデルハウスがないならばその会社が分譲済みの住宅を見学させてもらう方法も良いでしょう。同じ仕様、カラー、設備であれば良い参考になることでしょう。

○関連記事・コラム
建売住宅をお探しなら「新築一戸建て(建売住宅・分譲住宅)の売却物件情報




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事