住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築前の建売住宅の購入の注意点

上棟(棟上げ)をただの記念にしてはいけない!住宅検査の好機

 上棟とは棟上げとも呼ばれますが、住宅を建築するときに、基礎工事の完了後の土台、柱、梁などを施工し、さらに棟木を上げることを言います。

上棟(棟上げ)

 そのときに行う儀式のこと自体を上棟と呼ぶこともありますが、儀式は上棟式と呼んだ方がわかりやすいでしょう。上棟式は、上棟したことを感謝するためのものですが、今では現場の職人などをもてなすために行われているといっても良いでしょう。もちろん、施主にとっては記念にもなります。

 しかし、住宅の安全・安心を考える上では、この上棟(棟上げ)の後は、住宅の施工品質を検査(チェック)する良い機会とも言えますので、単なる上棟式で祝ってお仕舞いとせずに施主(買主)はしっかりチェックしておきたいところです。

 この上棟(棟上げ)後のタイミングでは、柱や梁、筋交いなどの構造上主要な部分、つまり住宅の骨組みとなる本当に大事な部分を検査(チェック)できる絶好のチャンスです。


具体的には、以下のような項目が検査項目として挙げられます。

構造躯体の住宅検査

土台
 土台継手、接合状態、金物の状態、防腐措置


 通し柱の位置と垂直度、土台との接合、横架材との接合
 金物の状態、欠込み部の補強、防腐措置


 構造耐力上支障のある欠込み、接合状態、金物の状態


筋交い
 接合方法、金物の取付け、両端の柱の金物による固定

 上記は一部に過ぎませんので、「建築中の住宅(家)のチェックポイント(検査項目)」も参考にしてください。このタイミングあたりでは、住宅の条件によっては建築確認審査機関の検査が実施されることもあるのですが、これらの売主や施工者が実質的に依頼者となって行う検査では、工事の細部までは検査してもらえません。

 しかし、建築トラブルの多くは細部にも大変多いので、このような大事な工程では、できれば第三者の住宅検査会社に自ら依頼して検査しておきたいところです。それだけ重要な工程であるということです。

 上棟(棟上げ)をただの記念とせず、安心・安全な住宅にするための良い検査の機会としてしっかり認識しておいてください。

○専門家に依頼するなら
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断) 購入前
内覧会立会い・同行(一戸建て住宅) 購入後・引渡し前




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事