住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建売住宅(分譲住宅)購入の基礎知識

建売住宅(分譲住宅)を買うときの業者との関係

建売住宅(分譲住宅)の販売は、売主が自社で広告宣伝活動を行って、直接に買主を探し、販売することもあれば、販売代理業務を行う不動産会社に販売を委託することもあります。また、不動産会社に買主との間を仲介してもらうこともあります。
つまり、
 (1)直接、売主が買主に販売
 (2)販売代理会社が買主に販売
 (3)不動産仲介業者が売主と買主を仲介
と3つのパターンがあるわけです。

建売住宅の基礎知識
上記(1)の場合でも、不動産仲介業者に仲介を依頼しているケースと一切、依頼しないケースがあります。上記(1)と(3)が混在する形というわけです。住宅購入者にとっては、このような不動産会社の介在する仕組みも少しややこしいですよね。
上記(3)のように、不動産仲介業者が仲介する場合の多くで、買主は仲介手数料を支払うことになります。なかには、この仲介手数料を節約するために、直接に売主と取引したいと仰る方もいますが、売主が直接取引に応じていないケースも少なくないので、その場合は原則、無理ですね。
○関連記事・コラム
建売住宅をお探しなら「新築一戸建て(建売住宅・分譲住宅)の売却物件情報

建売住宅(分譲住宅)購入の流れと注意点【TOP】



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事