住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建売住宅(分譲住宅)購入の基礎知識

住宅瑕疵担保責任保険、住宅性能表示、フラット35の物件検査で施工不良が無くなる?

普段、多くの住宅購入相談をお受けしておりますが、よく住宅購入者が誤解していることの1つに、「住宅瑕疵担保責任保険や住宅性能表示制度、フラット35の物件検査を利用すれば、建物の施工不良が無く安心できる」と思っていることがあります。

このことは、実は住宅を分譲したり建築したりしている不動産会社や工務店にも誤解している方が多いため、購入者が不動産会社等がそのように説明を受けていることが誤解の要因の1つとなっています。

結論から言えば、住宅瑕疵担保責任保険、住宅性能表示、フラット35の物件検査で施工不良が無くなるということはありません。その理由は単純なもので、これらは現場で施工品質の検査をしているわけではないからです。

例えば、住宅瑕疵担保責任保険であれば、その保険に加入するために必要な基準を満たしているかを現場で確認しますが(関連部分についてのみ設計通りか確認する)、施工品質はほとんどノーチェックです。一部では、保険の基準を満たしていなくとも指摘されずに工事が進んでいくことまであります。

また、住宅性能表示もフラット35も同様です。施工品質・施工不良の検査はされていないのです。そのためか、これらの制度等に基づく現場検査は5〜15分程度だけです。これで施工品質の住宅検査を求めても無理があるというものです。

不動産会社やハウスメーカー等の営業担当者が、そのお客様に対して悪意なく、「住宅性能表示を利用しているので安心です」と仰ることもありますが、真実は違うということです。

「住宅瑕疵担保責任保険に加入するので第三者検査が入りますから大丈夫」という説明も実態と異なるわけです。そもそも不動産会社やハウスメーカー等がいつも依頼している保険会社とのその検査が第三者なのかという疑問もありますが。

これに似た話で「長期優良住宅だから工事は大丈夫です」という話を聞くこともありますが、長期優良住宅の制度では簡単な現場確認すらしていません。

つまり、住宅の施工品質のチェック(欠陥住宅を防ぐための検査)は本来ならば施工会社が自らしっかり行うべきであり、消費者がこれを担保するには自ら第三者の住宅検査を利用する必要があるのです。

○関連記事・コラム
建売住宅をお探しなら「新築一戸建て(建売住宅・分譲住宅)の売却物件情報

建売住宅(分譲住宅)購入の流れと注意点【TOP】



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事