住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

FP 長谷剛史の住宅コラム

大阪市の利子補給制度を活用しましょう

 人生の3大資金とは住宅資金・老後資金・教育資金と言われています。この3つの中で特に借り入れを伴い大きな負担感を感じるのは住宅資金ではないでしょうか?現金一括払いで家づくりをされる方はほとんどいませんので、住宅ローンの負担をいかに抑えるのかを考えることが大切になります。今回は大阪市の利子補給制度を一緒にみていきましょう。

 大阪市の利子補給制度とは、大阪市内在住促進のために、新婚世帯又は子育て世帯を対象に、住宅ローンに対して年0.5%以内5年間の利子補給が行われる制度です。

 利子補給金は、年末の償還元金残高(2,000万円を超える場合は2,000万円として計算)に対して年0.5%ですので最大50万円(年10万円×5年間)になります。条件に該当される方は積極的に申し込みを行い利用するようにしましょう。

 主な申込の条件をご紹介します。

  1. 自ら居住するため大阪市内において供給・建設される住宅で住宅ローンを借りて新たに取得する方で、過去自らが居住する住宅を所有したことがなく、初めて住宅を取得する方
  2. 申込時点で新婚世帯(申込者及び配偶者のいずれかが満40歳未満で婚姻届出後5年以内の世帯、次の子育て世帯に該当する世帯を除く)又は子育て世帯である方(
  3. 申込者又は配偶者に小学校6年生以下の子どもがいる世帯)
  4. 前年の所得金額が1,200万円以下(給与所得のみの場合は収入金額が約1,442万円以下)の方
  5. 床面積が50平方メートル以上で建築基準法に規定する検査済証の交付を受けている民間分譲住宅
  6. 住宅ローンが10年以上あることで、かつ融資利率が1年0.1%以上の方

 (2)の年齢要件を満たしていれば、該当する方は多いのではないでしょうか?最近の住宅ローン金利は超低金利とはいえ、借りた額以上に返さないといけないのが住宅ローンですので、少しでも支払いの負担が少なくなるように、使える制度は積極的に活用しましょう。

 私の事務所にご相談者に来られる方も利用されたことがありますが、認知度はあまり高くないようです。尚、予算には限りがあり先着順ですので、早めに行動に移すようにしましょう。

 いかがでしたでしょうか?最近は少子化対策で大阪市に限らず新婚世帯や子育て世帯への住宅取得援助制度を設けている自治体が増加しています。情報収集はしっかり行い、条件を満たしていれば積極的に利用して、住宅ローン返済の負担を減らしましょう。

  ネット上には様々な情報が溢れていますので、自分の味方になってくれる専門家に相談することも一つの選択肢になるのではないでしょうか?


長谷剛史



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事