住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

荒井康矩の住宅コラム

住宅購入で掘り出し物の物件はあるか?

 不動産会社で仲介営業をしていた頃、何度かお客様から「掘り出し物の物件があれば教えてください」と言われたことがありました。「掘り出し物の物件」とは、このような場合では「その地域の市場価格よりも安く購入できる物件」といった意味で仰っていることと思われます。

堀だし物物件

 住宅でも何でもそうですが、売り手は相場より安く売りたいと考える方はいません。相場より安く売るならば、それなりの理由があるはずです。たとえば、過去に事件や自殺などがあったといった事故物件です。こういった物件は一般的には住宅探しをされている方から敬遠されますから、価格が安くなることが多いです。「掘り出しものの物件」を探している方がそういった事情がある物件でも構わないということであれば話は別ですが、特別な事情もないのに相場より明らかに安い物件というのはありません。

 「売主の都合により売り急ぎしている場合は、安く売ることがあるのでは?」という方もいます。確かにそのようなことはありまして、早期売却のために安めの価格設定になる物件はあります。しかし、よく考えてください。急いでいても急いでいなくても、住宅を売ろうとしている方は、自分自身で買主を探すことは通常ならばできませんので、不動産会社に売却の媒介を依頼します。つまり、不動産の売却物件情報は誰よりも先に不動産会社が入手することになります。

 このときに市場価格より明らかに安く売ろうとしている売主が仮にいたとしても、それは不動産会社が先に購入(買取り)することが一般的です。不動産業者間でそのような情報はやりとりされて、一般の買主へ周ってくる可能性は極めて低いです(ほぼありません)。

 不動産会社が買い取って、リフォームして再販する流れにのっていきますから、その物件が一般の買主の前に出たときには、それなりの価格になっています。

 任意売却の物件というものがあります。その物件の所有者が住宅ローンなどの債務を支払い困難となってしまい、止むを得ず自宅を売却する場合などが任意売却にあたりますが、この任意売却も訳あり物件なので相場よりも安めになることもよくあります。しかし、これも債権者(金融機関など)との折衝の都合上、相場程度で売買されることも多いですし、明らかに安い場合には結局、不動産会社が買い取ってしまいます。なかには、特に安いわけでもないのに、「任意売却の物件ですから、安いですよ」と説明を受けて購入している方もいますが、本当かどうかよく他の物件と比較検討してみましょう。

 このように、そう簡単には掘り出し物の住宅は無いと考えた方よいでしょう。掘り出し物の住宅が見つかるまで待っている方はいつになってもマイホームを得られないかもしれません。


荒井 荒井 康矩
住宅コンサルティング会社の経営者

住宅の購入相談、ホームインスペクション(住宅検査・住宅診断)を行う(株)アネストブレーントラストを経営している。

住宅検査・住宅診断のアネスト



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

不動産物件情報

  • 住宅の物件情報
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの一括申込
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事